TOP

山本恵子のホームページです。
まだ作りたてで全然内容が充実していませんが
これからどんどん記事を書いていきたいと思います。

手まり

手まり(てまり、手毬、手鞠)は、日本に古くからある遊具(おもちゃ)のひとつである。「新年」の季語。当初は、芯に糸を巻いただけの物であったが、16世紀末頃より、芯にぜんまい綿などを巻き弾性の高い球体を作り、それを美しい糸で幾何学的に巻いて作られるようになった。これらのまりは、非常に弾性が高くてよく弾み、正月の日の遊びとして少女らが地について遊んだ(例えば野球の硬球も中はコルクに糸を巻き付けたものを革で包んだ物である)。ソフトボールよりやや大きく、ハンドボールよりやや小振りのものが多い。 明治の中期頃からゴムが安価になり、よく弾むゴムまりがおもちゃとして普及して、手でついたり(地面にバウンドさせて)あるいは、空中に打ち上げて遊ぶ。女児のおもちゃで、江戸から明治期には、正月の遊びとされるが、現在では通年の遊びとなっている。


スポンサードリンク

[PR]  リンパマッサージ 中性脂肪 FX 比較 早漏 足やせ 加齢臭 青汁ランキング SEO対策
FX システムトレード 育毛剤ランキング 精力増強